三重県の美味しいグルメや話題のスポットを取材

HOME 中勢エリア

ラッキーバーガーのまっつぁかハンバーガーはボリューム満点!美味しさの秘訣を取材しました

2021年9月19日  571views

三重県松阪市を拠点に移動販売するハンバーガー専門店「ラッキーバーガー」はボリューム満点の見た目が特徴!こだわりの製法や美味しさの秘訣に迫ります。

ラッキバーガーとは?

ラッキーバーガーは三重県松阪市に拠点を置く、移動販売のハンバーガー専門店。出店場所は津・松阪・伊勢・多気・亀山・度会の地元スーパーがメインで、オレンジ色のキッチンカーと目を引く看板の数々が目印。

出店時間は10時〜18時が殆どで、ラッキーバーガー公式ホームページで出店スケジュールを確認できます。

五感がほほえむ絶品ハンバーガー

ラッキーバーガーのモットーは「思わず五感がほほえむ美味しさをあなたに。」

まさにその通り!圧倒的なボリュームと何重にも盛られた具材の数々に五感がビビッと反応します。

商品名は「まっつぁかバーガー」。「松阪」のことを「まっつぁか」と呼ぶ方言が由来になっています。

こだわりの製法と食材

注文を受けてから1つ1つ手作りします。それも目の前で!ハンバーガーがどんどん出来上がる様子はパフォーマンスを見るかのように楽しめました。

食材にもとことんこだわりが!松阪牛100%のミートソースや、津市美杉町の鈴木牧場と共同開発したチーズなど、地元食材を取り入れています。

それでは、ラッキーバーガーのメニューと食レポをご覧頂きましょう。

ハンバーガーのメニュー

取材時点(2021年7月31日時点)では、11種類のハンバーガーと季節変わりのハンバーガー1種、ホットドッグ系が4種類ありました。

サイドメニューはポテトやチュロス、ドリンクなどです。プレミアムロングポテトを注文したのですが、外はカリ!中はもっちりの食感が病みつきでした。

ハンバーガーはどれも900円以上しますが、お値段以上の味わいとボリュームに大満足すること間違いなし!五感が幸せな気分になったとき、あなたはもうラッキーバーガーの虜です....※その1人が私

相方に買い物を頼んで「B.L.Tバーガー」と季節限定の「生チーズバーガー小町」を購入!それでは食レポを御覧ください。

B.L.Tバーガーの食レポ

B(ベーコン)L(レタス)T(トマト)の名にふさわしい具だくさん仕様!

入ってる具材は...👇

  • 松阪牛100%ミートソース
  • オリジナルベーコン
  • 特注ベーコン
  • レッドチェダーチーズ
  • トマト
  • レタス
  • 目玉焼き
  • 手作りディップ

オリジナルベーコンは1週間熟成させたもので、独自にブレンドしたチップでスモークしたこだわりの逸品。

分厚いバンズはフワッと食感でバターのいい香りが漂います。

気になるお味は・・・ジューシー!野菜シャキシャキ!あと味爽やか!具材が口の中で溢れ出し、旨味エキスとなって五感を刺激してきます。

野菜の配合がちょうどいいのか、後味はとっても爽やか!肉と野菜のコラボレーションを楽しめるハンバーガーでした。

生チーズバーガー小町の食レポ

こちらは季節限定のハンバーガー。具材にエビ・アボガド・チコリ(野菜)のカクテルサラダをトッピングし、生チーズとオーロラディップで旨味を倍増させた特製仕様!

ハンバーガーの上にドサッと乗った白い生チーズは野菜との相性も抜群!

さっぱりした味わいの生チーズなので、とても食べやすかったです。

ラッキーバーガーを食べるコツ

一口では頬張りきれない大きさなので、付属の包装紙で具材が溢れないようにゆっくり食べるのがコツです。

具材を下に落としたくない場合は大きい皿の上に乗せて食べると安心です。

包丁でカットするのを試みたのですが、中のソースが溢れ出てしまうのでNGでした。ソースと具材を一緒に頬張るのが美味しい食べ方だと思うので、付属の包装紙を捨てないようにして食べましょう。

営業情報

ラッキーバーガー

いかがでしたでしょうか

2021年7月31日にぎゅーとら持川店へ出店されたときの取材内容をお送りしました。三重県各地で出店されているので、お近くのスーパーで見かけたときはぜひ一度食べてみてください。

私はラッキーバーガーの虜になったので、最寄りのぎゅーとらに来た時は再度購入します♪