三重県の旬な観光スポットを巡るフォトブログ

HOME 伊勢志摩エリア

鳥羽市浦村の牡蠣を美味しく楽しむ方法

2020年3月9日

鳥羽市浦村のパールロードには牡蠣小屋がたくさんあります。オススメの時期や予約不要のお店も紹介

鳥羽市浦村とは?

牡蠣養殖が盛んな地域であり、30軒以上の牡蠣小屋(牡蠣専門の飲食店)があります。

α7RIII・32mm・f10・1/60秒・ISO100

浦村の牡蠣小屋をGoogle Mapsで確認すると ↓

赤いピンは全て牡蠣小屋。この道はパールロードと呼ばれ、鳥羽〜志摩を結ぶ23kmのドライブウェイです。

牡蠣小屋の種類

食べ放題スタイル

焼き牡蠣を何個食べても一定料金の牡蠣小屋。自分で焼くお店は2000〜2500円、店員さんが焼くお店は2800〜3500円が相場。

サービスメニューに牡蠣飯や牡蠣の佃煮、味噌汁のある無しで値段が変わります。焼き牡蠣だけでなく、蒸し牡蠣を提供するお店もあります。

単品注文スタイル

牡蠣を食べたい分だけ先に注文する牡蠣小屋。焼き牡蠣は1個130円前後が相場。牡蠣飯やカキフライなどメニュー豊富なお店が多いです。

宿泊施設

夕飯に牡蠣料理がたっぷり出てくる宿泊施設。お酒を飲んでゆっくり過ごしたい方にオススメ。

牡蠣のベストシーズンはいつ?

1月〜2月は牡蠣の身が大きい季節。

α7RIII・105mm・f4・1/100秒・ISO4000

食べ放題の牡蠣小屋は10月下旬から続々と営業を始め、3〜5月に年内営業を終えるお店が多いです。

夏の岩牡蠣も絶品!

5月〜8月は岩牡蠣のシーズン。海のチーズと呼ばれるほど甘い味わいの牡蠣です。

EOS 5D Mark IV・98mm・f4・1/100秒・ISO500

冬の牡蠣は「真牡蠣」という品種になり、お値段は岩牡蠣のほうが少し高めになります。

この記事では冬・夏の両方でも楽しめる牡蠣小屋と牡蠣料理の宿を紹介します。

かき太郎(予約不要のお店)

店員さんが牡蠣を焼いてくれる牡蠣小屋です。牡蠣料理の種類豊富なのが特長。

α7RIII・19mm・f3.2・1/60秒・ISO500

左上から順に牡蠣飯・カキフライ・かきのネギみそチーズホイル焼き・焼かきです。

α7RIII・35mm・f2.8・1/60秒・ISO640

いろんな種類の牡蠣料理を食べたい方にオススメの牡蠣小屋。冬シーズンの祝日は混雑することがあるので開店の10時到着が安心です。

※記事の続きは明日公開!w

鳥羽 パールロード