三重県の絶品グルメや話題スポットを紹介

HOME グルメ

津市久居に本わらび餅専門店「巴庵」がオープン。とろける食感のわらび餅に感動!

  15681views

ふがまるちゃん

津市久居に本わらび餅専門店「巴庵」がオープン。とろける食感のわらび餅に感動!

2022年7月19日に本わらび餅専門店「巴庵」が津市久居にオープン!32℃のくちどけ食感の「本わらび餅」を販売するお店ということで、開店日に取材しました。

巴庵の場所と駐車場

巴庵(ともえあん)は津市久居のインターガーデン近くにあり、洋服の青山の向かい側に位置します。

ここには以前、メロンパン専門店「Melon de melon」があった場所で、その跡地にオープンしました。

駐車場は店舗入口の近くにあり、10台ほど停めることができます。

「32℃のくちどけ」という大きな看板が目印で、オープン前からすごーーーく気になる存在でした!

津市大門にはわらび餅を使ったスイーツで大人気のお店「鎌倉」があるので、津市はわらび餅の激戦区になりつつあるのかも?

巴庵は「わらび餅」ではなく「本わらび餅」の専門店で、国産蕨粉を使用した本物のわらび餅を食べられます。

ということで、開店日に取材した内容を食レポと共にお届け❗

店内の様子

巴庵の店内は黒を基調とした内装で、木の温もりも感じられる落ち着いた雰囲気。

天井にぶら下がる大きな燈籠が和を演出して素敵でした。

店内に飲食スペースはありませんが、お店の外にあるデッキスペースで飲食可能です。

こちらがそのデッキスペースです。小柄なテーブルもあるので購入したわらび餅の箱を置きながら食べられます。

屋根があるので直射日光や微量の雨を防いでくれそうです。

すぐ近くには食器の返却口と、箱を捨てられるゴミ箱が置いてありました。

食器を使うのはおそらく、テイクアウトのカキ氷でしょうか。

本わらび餅のメニュー

  • しろ<極み> 一折660円(税込713円)、一折(大)1200円(税込1296円)
  • 伊勢の本かぶせ茶 一折690円(税込745円)、一折(大)1300円(税込1404円)
  • 栗あずき 一折690円(税込745円)、一折(大)1300円(税込1404円)
  • 黒ごま 一折690円(税込745円)、一折(大)1300円(税込1404円)

本わらび餅は一折でも1000円を超えるものが多い中、巴庵は1000円でおつりが来るのは嬉しいですね。

一折(大)は予約注文でき、詳しくはお店の電話(059-253-7775)にてお問い合わせください。

今回の取材では「しろ<極み>」「伊勢の本かぶせ茶」を購入したので、次の食レポで詳しく解説します。

本わらび餅の食レポ

わらび餅といえば中身が丸見えの青色のトレーに入っている印象なのですが、巴庵の本わらび餅は箱入りで高級感あふれるパッケージ✨

「この中にわらび餅が入っているよ」と言われても、初見では信じられないかもしれません笑

プレゼントやギフトにもぴったりなデザインだと思いました。

まずは「しろ<極み>」を開封します👇

中を開けると...たっぷりのきな粉がかかった本わらび餅が😍

岐阜県にある和菓子屋「ツバメヤ」もそうなのですが、箱入りのわらび餅って「きな粉」がたっぷり入っているのですよね♫

上記写真は一折サイズで、一口大サイズで10個にカットされています。

付属の竹串を刺して食べようと思ったら、フニャフニャの柔らかい触感で刺さりにくい!笑

食べる前から素材の柔らかさを実感できました。3回ほど刺して、やっと持ち上げたのが上記写真です。

餅を貫通するように刺すと持ち上げやすくなります。

気になるお味は・・・・食べてすぐに、舌でとろける食感が病みつきの美味しさ!

甘さは控えめで、本わらび餅の味をたっぷりと楽しめる味わいです。

しろ<極み>を4個ほどぺろりと食べたところで、次は「伊勢の本かぶせ茶」を開封!

巴庵の本わらび餅は甘さ控えめなので、パクパク食べられるのが良いポイントだと思います。

食レポの前に、そもそも「かぶせ茶」とはなにか...をご紹介。

三重県はお茶の生産量で全国3位を誇っており、黒いシートで茶葉を覆う「かぶせ茶」の生産も盛んです。

茶葉に黒いシートを被せることでカテキンの生成が抑えられる「かぶせ茶」は渋みが控えの甘いお茶になるんです。

そんな「かぶせ茶」を使った本わらび餅「伊勢の本かぶせ茶」の味は・・・・超美味しい!!!!

かぶせ茶の甘みが口の中に広がり、粉にも餅にもお茶の味わいがたっぷり!

お茶好きには堪らない逸品だと思います。余った粉をパンやヨーグルトにかけても美味しいだろうな・・・と🤤

甘さがもう少し欲しい方は黒蜜をかけるのがおすすめ!

巴庵には黒蜜が入ったタレビンを100円で販売しています。

黒蜜をかけてみたのですが、濃厚な黒蜜ときな粉の相性が抜群でした♫

余ったきな粉に黒蜜をかけて食べるほどの甘党です笑

余った粉をカキ氷にかけたら美味しいかも?と思ったあなた!

巴庵にはわらび餅専門店のカキ氷があるんです🍧

しろ(きな粉)、かぶせ茶、いちご、マンゴー、黒蜜(きな粉)、キャラメル、プリンの6種類あり、お値段は750円(税込810円)です。

トッピングにはエスプーマ、あずき、アイスクリーム、練乳があるなど種類豊富なのも嬉しい♫

わらび餅を使ったスイーツはカキ氷だけでなく、わらび餅ドリンクもあるんです!

この日はおやつタウンの取材帰りで喉が乾いていたので、マンゴー(税込648円)を注文しました👇

なんともオシャレで可愛い見た目のドリンク😍 巴庵のロゴとシールも可愛いですね。

細かくカットされたわらび餅が入っており、一口飲むとわらび餅も一緒に食べることができます。

まさに、飲むわらび餅!マンゴーの濃い味わいと、とろける食感のわらび餅が絶妙にマッチ♫

ドリンクを作る様子は店内のカウンターで見ることができ、濃い原液とわらび餅がトッピングされる様子を間近で拝見できます。

7月21日に再訪問して「栗あずき」を購入

あまりにも美味しかったので、今度は「栗あずき」を購入しました

中を開けると、溢れんばかりのきな粉が😍

あまりにもきな粉が多すぎて、本当にわらび餅が入っているのか疑ってしまうほどです笑

付属の竹串で持ち上げてみると....あずき色のわらび餅がチラッと顔を見せました👇

「栗あずき」は餅の中に栗が入っておりまして、餅の生地があずき味なんです。

気になるお味は・・・小豆と栗の組み合わせがめっちゃ合う!!!

栗のコリコリ食感がクセになる美味しさで、わらび餅の口溶け食感がやっぱり心地よい❗

最初に買った2つ(しろ・伊勢茶)よりも餅が柔らかい気がして、超口溶けでした!

私は栗あずきが一番好きかもです♫

いかがでしたでしょうか

32℃のくちどけ食感は一度体感すると病みつきになること間違いなし。

巴庵は久居店のほかに「鈴鹿店」「四日市店」があり、三重県内には合計3店舗あります。

鈴鹿店の店舗詳細はこちら(公式サイトへ移動します)

四日市店の店舗詳細はこちら(公式サイトへ移動します)

三重県以外では大阪府の「堺市駅前店」のみなので、取材時点では全国に4店舗しかないお店だったりします。

この夏は巴庵の本わらび餅とスイーツでぜひ癒やされてください😊

「本わらび餅専門店「巴庵」久居店」の情報

住所
三重県津市久居明神町2380-3
電話
059-253-7775
営業時間
10:00〜18:00
定休日
年中無休
車でのアクセス
伊勢自動車道 久居ICから2分
駐車場
あり(無料)
サイト
https://tomoean.com/

「本わらび餅専門店「巴庵」久居店」の地図

ふがまるちゃん

この記事を書いた人

ふがまるちゃん

三重のお店を応援します!お気軽に取材依頼をどうぞ♫

グルメの記事一覧