三重県の旬な観光スポットを巡るフォトブログ

HOME 北勢エリア

12月に楽しめる紅葉名所「水沢もみじ谷」の時期や見所を紹介

2020年3月9日

三重県四日市市には紅葉が美しい「水沢もみじ谷」があります。百人一首が詠まれた地と言われており、茶畑の生産が盛んな水沢地区の山間にあります。紅葉の見頃や駐車場の場所も紹介します。

水沢もみじ谷の場所

α7RIII・24mm・f14・1/100秒・ISO100

四日市市といえば港に工場あって三重の中でも都会のイメージが強いかもしれませんが、水沢地区は茶葉の生産が盛んな場所。水沢もみじ谷はこの茶畑が広がる丘の上にあります。

 もみじ祭りの期間中は臨時駐車場あり

α7RIII・17mm・f8・1/125秒・ISO100

紅葉シーズンになると何十台か止めれる臨時駐車場が開放されます。入口は大変狭いので通行の際はお気をつけください。

場所はGoogle Mapsで「水沢もみじ谷」と検索した地点のすぐ近く。上記地図の赤いピンが立っている場所が臨時駐車場です。

α7RIII・35mm・f13・1/200秒・ISO100

駐車場は無料ですが、地主様のご厚意と保存会の方々のご協力によって利用できます。駐車場協力費への募金をよろしくお願い致します。

水沢もみじ谷の見所

ドライブしながら紅葉を楽しめる

EOS 5D Mark IV・150mm・f10・1/160秒・ISO250

茶畑の道をどんどん登っていくと一面の紅葉景色が見えてきます。

α7RIV・70mm・f2.8・1/800秒・ISO200

駐車場までこの景色が続きます。

入り口から最高の紅葉景色

α7RIV・24mm・f4・1/125秒・ISO100

入り口の立て看板には江戸時代からの由来が記載。歴代藩主が自然保護に尽力した歴史ある場所です。

下記の百人一首が詠まれた地とも言われています。

奥山に もみぢふみわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋はかなしき

谷間に広がる真っ赤な紅葉

EOS 5D Mark IV・50mm・f5・1/40秒・ISO160

水沢もみじ谷は鈴鹿山脈南部の宮妻峡の手前にあります。谷底に向かって紅葉の木々がズラッと建ち並ぶ光景は圧巻です。

EOS 5D Mark IV・50mm・f2.5・1/100秒・ISO100

テーブルと椅子がいくつか置いてあるのでご飯を食べながら紅葉狩りも出来ちゃいます。時期が12月なのでちょっと寒いですが。

α7RIII・35mm・f2.8・1/125秒・ISO400

赤い橋を渡ると、谷底へどんどん進みます。谷底と言っても入口からゆっくり歩いて10分ほどです。

α7RIII・35mm・f2.8・1/125秒・ISO500

赤い橋を渡ってすぐの光景です。

α7RIII・24mm・f4・1/80秒・ISO160

谷底の終点です。ここにも車を置けるスペースはありますが台数は少なめです。

紅葉の見頃は11月下旬〜12月上旬

α7RIII・24mm・f5・1/125秒・ISO400

三重県の中でもずば抜けて紅葉のピークが遅いです。12月上旬になっても緑色の葉っぱが多数あります。※上記写真は2019年12月10日撮影。

2019年は例年より1週間以上も色づきが遅く、12月14(土)辺りからが狙い目です。

撮影ポイント解説

駐車場までの通路

α7RIV・75mm・f2.8・1/125秒・ISO100

水沢もみじ谷は谷底にあるのですが、ここは谷の上側になります。超望遠レンズで撮れば木々の隙間が圧縮されて迫力ある1枚が撮れちゃいます。

EOS 5D Mark IV・110mm・f2.8・1/100秒・ISO100

柵の下には一面のもみじ谷が。谷底に回ってもらって、ここから記念撮影するのもいいですね。

α7RIV・200mm・f2.8・1/250秒・ISO160

谷底の紅葉にズームアップすると背景が黒く写ります。葉っぱ1枚にピントを当て、前ボケを演出すると幻想的な雰囲気に。

谷底を照らす太陽

α7RIII・19mm・f16・1/40秒・ISO2500

午前中〜午後2時くらいまでは谷底に日が指します。太陽を入れると臨場感が増します。

赤い橋

EOS 5D Mark IV・80mm・f8・1/80秒・ISO2000

赤い橋と紅葉は相性抜群です。水沢もみじ谷の入口から2分ぐらい歩くと赤い橋が見えてきます。

EOS 5D Mark IV・200mm・f2.8・1/160秒・ISO200

縦構図でズームアップすると不思議な世界観に。橋にピントを当て、紅葉をふんわりボカすと面白い写真が撮れると思います。

地蔵尊

EOS 5D Mark IV・100mm・f4.5・1/200秒・ISO100

水沢もみじの入口から谷底まで降りていくと地蔵尊があります。山の坊の守り地蔵です。美しい景色が見れることに感謝の気持ちを捧げました。

茶畑

α7RIV・110mm・f2.8・1/800秒・ISO125

水沢もみじ谷周辺は茶畑が広がります。秋は深緑の落ち着いた色合いです。紅葉と一緒に茶畑も撮れちゃいます。

あえての新緑シーズン

α6400・70mm・f5.6・1/60秒・ISO320

紅葉名所は夏も美しい!緑の葉っぱからマイナスイオンをたっぷりと感じれます。※2019年8月25日撮影

いかがでしたでしょうか

紅葉狩りの締めはぜひ水沢もみじ谷へ

付近には2019年オープンの鈴鹿PAや水沢茶を頂けるかぶせ茶カフェなどグルメも充実しています。紅葉狩りと合わせてどうぞ。

水沢もみじ谷の情報

住所
〒512-1105 三重県四日市市水沢町
車でのアクセス
東名阪道「四日市IC」から20分、新名神「鈴鹿PA」から15分
公共交通機関
近鉄四日市駅より三交バス「宮妻口」下車、徒歩5分
入場料
無料
駐車場
紅葉期間中は臨時駐車場あり(無料・十数台)
紅葉の見頃
11月下旬〜12月中旬
問い合わせ先
水沢地区市民センター(059-329-2001
公式サイト
四日市観光協会「もみじ谷」

紅葉 四日市市 水沢もみじ谷